ロシア


SLFのサポートライダー あやと が海外エンデューロに挑戦!

 

HPでも専用ページ作ってどんどん宣伝していきたいと思います!(たぶん)

SLFスタッフも通訳と動画班としてサポートしに行こうかな~。サハリンは英語通じないらしいし、ロシア語通訳も居るので、ただの観戦になりそうな気もするけど。

 

サハリンにはルーマニアクスやエルズベルグに参戦しているライダーもいるらしい!頑張れ!

見つけたサハリン動画もぼちぼち紹介していきますねー。

 

以下、G-NETページから引用

この度、G-NET HARD ED の代表選手が、ロシア、サハリン州でのエンデューロ大会への参加が決定しましたのでご報告致します。­
BIG TANK MAGAZINE 春木久史氏の御尽力により始まった、ロシア、サハリン州とのモータースポーツによる交流事業です。
主催、日露青年交流センター、ロシアインター­ナショナルモータースポーツカンパニーオブ­サハリン(IMSC)。
●事業の目的
ロシア極東地域のサハリンのオフロードライダーとの交流を場を設けることにより、北海道・日本との今後の交流を活発にして、相互のモータースポーツシーンを発展、創造すること。今後も、ロシアのライダーも招致したり、来年以降も日本からロシアの競技に参加することを続ける予定です。最終的には、いずれ日本とサハリンをつないでシリーズ戦をするかも。
●大会概要
大会名 2015 極東ハードエンデューロ選手権 サハリンエンデューロ大会
主催 インターナショナルモータースポーツカンパニー・サハリン
日程 8月14日 (プロローグ・予選)
8月15日 走行100~120km 約6時間
8月16日 走行100~120km 約6時間
場所  ロシア サハリン州
競技方法
プロローグはエンデューロクロス形式の予選タイムアタックで、決勝のスタート順を決めることと、観客へのサービスを目的とする。
決勝は2日間で行われる。比較的難易度の高いエンデューロ的な山岳コースを、1日100~120km、GPSにダウンロードされた地図の指示に従って走行。スタートからゴールまでのタイムを競う。毎日の制限時間が設定されており、それを超えた場合は失格となる。
●レースの内容
そんな中、サハリンで今一番人気のあるモータースポーツこそが、HARD ED であります。サハリンのライダーは、Youtube等の媒体を通じ、常に世界のイベントをcheckしています。
今回開催されるレースも、世界的大会「ルーマニアックス」に類似した大会であり、3日間通して開催される予定です。

今回、国内HARD ED のシリーズ戦として「G-NET HARD ED 」から3名のライダーが、サハリンへ参加します。

・中野誠也 なかの・まさや
・後藤英樹 ごとう・ひでき
・山本礼人 やまもと・あやと

一同、G-NET HARD ED の名に恥じぬよう、サハリンで勝利するとの決意であります。
是非とも、この若き3名への御声援をよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA