アドブ動画の作り方 その3 動画を短くするコツ


せっかくブログ立ち上げたので、動画作成の様子でも紹介しようかなと。撮影機材や編集ソフト、気をつけていることなど。自己流ですけど。

大したことやってないので、皆さんも動画編集に挑戦して、日本のエンデューロ界を盛り上げていきましょう!


関連記事

アドブ動画の作り方 その1

アドブ動画の作り方 その2


 

今回はアドブ動画で実践している、動画を短くするテクニック的なことでも。

動画は短ければ短いほどいいと思ってます。

レース動画などを編集すると、ど~しても長くなっちゃうので、短くするのが一番大変な作業。

 

まずは参考動画(約30秒)をどうぞ。

シーンとしてはありがちな、カメラマンの左から右にライダーが走って、ライダーを追ってパンしてます。

普通ですね。でも30秒も使うのはモッタイナイので短くしましょ。

 

1.登場ライダーを減らす

1人6秒くらいなんで2人にすれば半分以下にはなります。

カットされた人、残念!!  次回は派手にこけたり、奇声を上げたりしてみましょう!!

 

2.一人一人の登場シーンを短くする

ばっさりカットできない心の優しい人は、一ライダー当たりの時間を短くしてみんな出演できるようにしましょう。

ただし、ただ短くしただけでは、コースの左から右に走ってる様子やセクションの全体像がわからなくなります。

 

そこで登場順によって、カットする場所を変えてみます。

一人目は画面左から中央まで、2~4人目は画面中央に写ってる時だけ、5人目は中央から右に走り去っていくシーンを使いました。

 

13秒になりました。短い時間でライダーもコースも多く写せます。

ヒルクライムなんかでは、一人目だけ助走シーンから使って、次の人からは登ってこけてるシーンだけ使えば短くできます。

 

 

アドブ動画班の人は誰も気づかないとこで意外と手をかけてるんですね~。


関連記事

アドブ動画の作り方 その1

アドブ動画の作り方 その2


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA